読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の箱(仮)

ツクールでRPGのフリーゲーム

理想のチュートリアル

個人的な尺度です。

・ヘルプもセリフも使わないでゲームの流れで理解させる
・イベント会話に絡める
・ヘルプメッセージを用意する
・流れに関係ない場所でヘルプ表示
リドミ、説明書

上に行くほど、完成度が高い。
理想は上2つまでで過不足なく説明出来れば良いのだけれど、
現実は3番目が最低防衛ライン。
4は悪手、5は論外


【課題】キーアイテムが必要な宝箱の存在をアナウンスしたい

・ヘルプもセリフも使わないでゲームの流れで理解させる
 (例)鍵を自然に拾わせた直後に宝箱を設置する、鍵を使用したとわかる演出

・イベント会話に絡める
 (例)宝箱を調べる、鍵がないと開かないとPCが喋る→近くに鍵を設置

・ヘルプメッセージを用意する
 (例)宝箱を調べる、鍵がないと開かないとヘルプ表示→近くに鍵を設置

・流れに関係ない場所でヘルプ表示
 (例)宝箱と程遠い場所で、鍵がないと開かない宝箱があると教えてくれる

リドミ、説明書
 (例)説明不要

実際にイベントを作ってると難しさを思い知らされて、
4番あたりは使いそうになる、失敗したなあって感じです。